三井住友銀行カードローンの審査は消費者金融が行っている?

^47F52C3424A38D7C34A546E1B407B04D05819386778132AFBA^pimgpsh_fullsize_distr

三井住友銀行は三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行並ぶ三大メガバンクとして数えられています。カードローンの限度額も高く、即日融資にも対応しています。またメガバンクを利用することは安全面も高いでしょう。三井住友銀行のカードローンがどのような人にお勧めなのか紹介します!


三井住友銀行カードローンとは?

三大メガバンク

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行

 

三大メガバンクの一つである三井住友銀行のカードローン。安全面の高さから銀行系列のローンの審査基準の水準が高いとされている。銀行系列のカードローンの特徴として借入限度額の水準が高いです。また銀行系列の借入の審査は厳しめであることが多く、三井住友は消費者金融のプロミスと提携しており殆ど委託しているのが特徴である。消費者金融とローンの難易度は大差ないです。安全面も考慮すると出来るならば銀行系列のカードローンを申し込むことが良いでしょう。

 

三井住友銀行のカードローンの限度額は?

最高限度額は800万円とかなり高めです。また高金額の借入には本人確認書類と年収が確認できる資料が必要であります。またご契約極度額は連絡なしに取引状況によって変更減額の可能性があるので気を付けたほうがよさそうです。

会社名・商品名 限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 10~500万円
みずほ銀行カードローン 10~1,000万円
三井住友カードゴールドローン 700万円
三井住友銀行カードローン 10~800万円

カードローン審査の基準は?

三井住友銀行のカードローンの審査はレイクが委託して行っております。そのためレイクの基準準じて審査を行います。ですが、ローンの審査はポイント制になっておりそのポイントの配分に多少の違いは存在します。同じレイクの審査項目を使っていたとしても、審査水準に多少の違いが出てくる理由はこれによるものでしょう。


三井住友銀行カードローンの金利は?

金利は4.0~14.5%を銀行系列の金利の中では低めの水準です。限度額も高く金利も低めなので、高額な借り入れをする人にはおすすめの銀行です。金利は自身が選ぶ借入形態により違います。三井住友銀行カードローンは変動金利制をとっているので金利の多少の変動はあります。また金額が高額になればなるほど金利が安くなるので高額の借入をする人にお勧めです。


カードローンの手数料は?

メガバンクのカードローンを利用する利点として全国各地にATMが存在するため必要な時にカードローンをATMから借り入れが可能です。消費者金融ではなかなか地方では難しい場所もあるのでメガバンク借入の最大の強みと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンATMは全国無料で使える!

メガバンクの強みとしている全国各所にATMがあります。そしてまた、三井住友銀行の借入は全国のファミリーマートでも借入することが可能です。多くの消費者金融が自社の借入にも手数料が掛かります。このことを考えると借入頻度が高い人は当銀行の借入に向いています。


カードローン返済方法は?

三井住友銀行の口座を持っていない場合、返済方法は銀行振り込みのみとなります。また口座振り込みをするためには手数料が発生してしまいます。そのため銀行ローンを組むなら引き落とし返済ができる口座を作ることをおすすめします。そして、返済はインターネットバンキングには対応していません。


三井住友銀行カードローンに向いている人

限度額が高く、借入金額が多額であるほど金利も低くなります。また口座を持っていると自動引き落としをしてくれるため振り込む手間を省くことが出来ます。この二点を踏まえて向いている人は、多額の金額を借入する人と、当銀行の口座を持っている人だと言えるでしょう。そして、もしカードローンを組む人で、口座を持っていない場合には口座を作成することを強くお勧め致します。引き落とし日ごとに他社から振り込みを行うと手数料が毎回かかります。支払い回数分余分に手数料がかかることになるでしょう。


キャッシングサービスはできる?

キャッシングサービスは可能です。ですが振り込みキャッシングサービスには対応していません。当銀行でカードローンをご利用になられる人は自身で借り入れた後に振り込みを行う必要があります。また借入の方法はATMかインターネットバンキングのみになっています。インターネットバンキングの借入は当銀行のインターネットバンキングを持っている人のみとなります。(インターネットバイキングでの返済はご利用できません)

即日借入は可能?

電話申し込み後ローン契約機でカードを受け取るだけで即日借入することが可能です。また忙しい人も全国各所に借入を行えるATMが存在しますのでとても便利です。


カードローンを組む際に銀行口座は必要?

当銀行の借入を希望する人は銀行口座を作った方が手数料の面から考えてもお得でしょう。また借入も当銀行のインターネットバンキングでしかご利用ができないので口座の作成は必要と言えるでしょう。